アルツハイマーは治せる|思い出を風化させない

このエントリーをはてなブックマークに追加

食品の栄養バランスを

シニア男性

ポリフェノールの作用

アルツハイマーの研究において近年注目されているものがあります。それはポリフェノールです。赤ワインや緑茶やコーヒーなどに豊富に含まれている栄養素のことですが、このポリフェノールには強い抗酸化作用があることがわかったからです。抗酸化作用があればアルツハイマーの原因であるアミロイドβを阻害することができます。そのため、積極的に毎日の食生活に取り入れることがおすすめです。実際に、統計データを見てみると、緑茶を飲まない人と毎日飲む人とでは認知機能の低下率が倍以上も違っていました。飲んだ人の方が飲まない人よりも発症リスクが半分以下になるのです。アルツハイマーを予防するのに役立ってくれる栄養素なので普段から積極的に取り入れましょう。

調味料と栄養バランス

調理に使う油にこだわることもアルツハイマーの予防に効果的です。トランス脂肪酸を含むマーガリンを過剰に使用することは控えた方が良いです。それというのも、そもそもこれは自然に存在しない物質なので、体内に入ると分解されにくいので生活習慣病の原因になりやすいのです。しかも、認知機能の低下をもたらしますので、アルツハイマーを促進させてしまいます。したがって、トランス脂肪酸を全く含まないオリーブオイルを使用することがおすすめです。また、栄養バランスのととのった食事をすることも大切なことです。偏食をしたり食べすぎの食生活を送っていると、脳血管性認知症を発症することもあり、アルツハイマーになることも珍しくありません。

自律神経と冷えとの関係

寒がる女性

冷え性の場合には、ただ単に体を温めるだけでは改善されにくく、血流を促す自律神経を整えたり、熱をつくるための筋肉をつけるなど、体を動かすことが大切です。また、動かすためにもエネルギー源となるたんぱく質を効率良く補う食にも意識を向けることが大切です。

栄養不足のない食事を

頭を抱える男性

鉄不足によって引き起こされる貧血の原因は、ダイエットや食生活が偏っていることが挙げられます。女性は男性と比べると、鉄分を不足しやすいので積極的に摂取することが大切になります。

Recommended

  • アルツハイマーを予防する方法ガイド

    治療することができない病気?アルツハイマー治療では、これ以上進行しないようにするための対症療法を行なっています。

高い殺菌抗菌効果

蜂蜜

プロポリスの原液は、苦味がありとても濃度が濃いので、大量に摂取しないようにしましょう。かならず、何か飲み物などに薄めて混ぜて取り入れます。プロポリスには殺菌抗菌効果があるので、歯痛や傷口に一滴垂らすと治りを良くします。また、お酒を飲むときに数滴入れて飲むと、二日酔いの予防にもなります。