アルツハイマーは治せる|思い出を風化させない

このエントリーをはてなブックマークに追加

自律神経と冷えとの関係

寒がる女性

筋肉をつくる食の質

冷え性の女性の多くは、熱をつくる筋肉量の不足が原因となりやすいものの、食事が原因となるケースも挙げることができます。何よりも気を付けたいのは筋肉量を増やす食事や栄養素の摂取で、筋肉質となる体型を嫌う女性の場合にはしなやかな体づくりにも直結する内容です。例えば、外食では炭水化物がメインとなりやすく、たんぱく質の摂取量を増やすこともポイントですが、動物性を苦手とする場合には植物性で効率よく摂り入れることが冷え性を改善させるには重要視したい内容です。また、長時間座ったままでは血流が滞りやすくなるために注意する必要があり、トイレに行くついでに白湯を飲むなど、こまめに動くことでリンパの流れが改善でき、熱を作り出すことができます。

春の時期が改善のポイント

気温が上昇する季節においても、冷え性の改善ができないケースは増えています。特に春の季節は気温や環境の変化などによってストレスを抱え、自律神経も乱れ、意外にも冷えを引き起こしやすい季節と言われています。血流は自律神経が司っているのも知っておきたい内容で、冷え性の方の場合には体内で熱が生み出せておらず、女性の場合には特にダイエット効果などが現れにくい難点も挙げられています。ですが、自律神経はストレスを解消するだけで改善できるのも特徴の1つで、食べる・寝る・動くなど、楽しむ内容からもストレスは解消でき、自律神経も正常化します。また冷え性は、むくみや血色などの美容・健康面で望ましくない状態であり、改善させるためには新陳代謝をアップさせることが適しています。むくみは水分の排出機能が低下していることもあり、利尿作用のあるお茶や葛には体を温めるだけではなく、美容・健康にも効果的であり、とろみをつける料理にも応用できるために内側から冷えを改善できます。