アルツハイマーは治せる|思い出を風化させない

このエントリーをはてなブックマークに追加

高い殺菌抗菌効果

蜂蜜

使用量に注意が必要

プロポリスは、のどの痛みを緩和するとされ、のど飴の成分に含まれていたり、栄養ドリンクなども売られていて、名前を聞いたことがある人はたくさんいると思います。しかし、のど飴などに含まれているものは、あくまで希釈して薄めたプロポリスであって、原液ではありません。プロポリスの原液というのは、すこしピリピリっとした苦味があるもので、とっても美味しくて飲みやすい、というものではありません。逆に、プロポリスの原液には、強い抗菌、殺菌作用があるので、一度に大量の摂取ら大変危険だとされています。原液を自分で取り扱うときには、希釈したり、一回の量をしっかりと守ることが大切です。原液は、歯痛のときに歯に一滴たらすなど、そのような応急処置にとても適しています。

苦くない飲み方の紹介

苦味が強いプロポリスの原液ですが、日々の生活に無理なく取り入れることができれば、私たちは若々しく健康的な日常生活を送ることができます。毎日の摂取に効果的な方法はいくつかありますが、一つ目は希釈して飲む際に、ハチミツ水など甘みのあるものに溶かして飲む方法です。また、レモン水などでも美味しく飲めると言われています。さらに、お酒に溶かして飲むこともできるので、男性の晩酌のときにも合わせて取り入れられて、とてもオススメです。お酒に原液を数滴入れて溶かしてから飲むことで、二日酔いを防ぐ効果も得られます。また、歯磨き粉に一滴垂らすだけで、翌朝の口内がとても爽快になったり、ちょっとした切り傷には、傷口に原液を垂らして傷テープでカバーすると殺菌作用が働き治りを良くします。